お金が無い時は困りますよね

 

ダメだ!、もうお金がない!

 

毎月給料はもらっているというのに、なぜかお金が足らなくなるとお悩みのあなた。
給料日が近づいてくるとあといくら残っているのか気になりますよね。

 

 

急にお金を用意しようとしてアルバイトを始めても間に合いません。
そんな時は消費者金融、カードローンで借りて一時的に凌ぎましょう。

 

私が初めてお金を借りたのは友達の結婚式の時でした。
ご祝儀に2次会、洋服、地元に帰る交通費など全部で10万は必要でした。
1人暮らしをしていたので毎月の生活もギリギリだったので10万円を用意するのが大変だったのです。

 

親もあまり裕福ではないので頼み辛く、カードローンに申し込みしました。

 

初めて借りるのはとっても緊張しました。
本当に貸してもらえるのだろうか、
審査にもし落ちたらどうしたらいいんだろう、
少ない金額ずつでもちゃんと最後まで返し切れるのだろうか、

 

そんな事を考えているうちに審査は通り、あっという間に10万円借りれて拍子抜けしてしまいました。

 

本当にお金に困った時だけ使えば消費者金融やカードローンはとっても役立つのを実感しました。

 

ずるずると借りるのはよくありません。しっかり計画を立てて完済に努めましょう。

 

>安心な金融はこちら

 

お金が足らない時というのは、どうしても訪れます。
貯金があるかどうかである程度は乗り切れますが、今の世の中は貯金を残す生活をするのが難しい方も多くいます。
原因も自分にあればいいのですが、大体のお金が足りなくなるトラブルは外側からやってきます。
家族が病気になった等のトラブルは、いつか必ず起こる事ではありますが誰もその時期は予測できません。

 

さてそういう時、大体の手段は2つです。
資産を処分するか、お金をどこからか借りるかです。
資産を処分する場合は特に問題は無いのですが、お金を借りる場合は順番を間違える事が多いのです。
間違えるというよりは、人生において人間関係とお金のどちらを優先するかと言った方が正確かもしれません。

 

・人→消費者金融
・消費者金融→人

 

前者は金銭優先、後者は人間関係優先です。
あまりピンと来ないかもしれませんが、人間関係においてお金を借りに来る人というのはそれだけで信用が下がります。
笑顔一つで借りられるかもしれませんが、その行動は友人や家族であっても相手に警戒心を与えます。
無利子でお金を借りた代償は、段々と距離を置かれる危険性が上がるという事です。
誰しも、借金を申し込んでくる人とはあまりお近づきになりたくはありません。

 

家族の場合はこう言ってくれるかもしれません。

 

「消費者金融に手を出す前に、何故自分に相談してくれなかったのか?」

 

実際よくある話で、よく耳にする話でもあります。
ただしこれは今まで一度も借りたことがない、または素早く返済しているという信用のある場合です。
最初から相談していてお金を借りている場合、返済が滞れば家族でも

 

「また借金の申し込みか、いい加減にしてくれ!」

 

こう言われる可能性は低くはないのです。
勿論両親などの場合は、最初から返済など気にしなくていいと思ってくれている場合もあります。
そう思われている人程、申し訳なく思って素早く返済する傾向があるのも事実ですが…。

 

乱暴な言い方ではありますが、お金程度の問題で人間関係を壊すのは勿体ないのではないでしょうか。
お金はその後稼げば幾らでも取り返しがつきますが、金銭トラブルで拗れた人間関係などほぼ元通りにはなりません。
足りない時はお金が何より必要な物に思えますが、お金をどうにかする手段は世の中に溢れています。
しかし、人間関係を修復する方法は、相手によってはもう何もないかもしれません。

 

順番は消費者金融→人にすることをお勧めします。
さらに言うなら、消費者金融→債務整理であるべきで、お金の調達手段に友人や家族を巻き込む必要はありません。
お金のせいで全てが駄目になった話は沢山ありますが、その中の多くは順番を間違えたせいで駄目にしてしまった話も多いのです。

 

お金がない時はキャッシングが便利

 

キャッシングのイメージは、どうしても良くはありません。
グレーゾーン金利以降はかなり改善されたとはいえ、それでもまだまだ抵抗感がある人も多いと思います。
というのも、正確に言うと消費者金融という業種のイメージが悪いのではなく、サラ金(あえてこう呼びます)にお金を借りなければならない自分が惨めだと思っている人も少なくないのです。
要するに、自分のイメージが悪いと思って中々キャッシングでお金を借りられないのです。
ならば誰かにお金を借りる自分のイメージが良いのかというと、相手にとっては最悪なのですが…。

 

勿論消費者金融側もそれは分かっていて、ここ数年で特化したサービスは秘匿性なのです。
無人契約機に始まり、在籍確認の電話に対する細心の注意も怠りません。
むしろ今は、社会的評判や他人の目を気にする人こそが、キャッシングの利用に適しているといえます。

 

勿論借り過ぎや返済計画に対する慎重さは必要ですが、融資を受ける事そのものに対する慎重さは今は必要ありません。
自分から推測されるようなことを漏らさなければ、キャッシングでお金を借りている事はまずバレません。
当然利息は掛かりますが、縁もない他人に最高のセキリュティでお金を融資してくれると考えれば、サービス料としては安いものです。

 

キャッシングは非常食のようなものです。
常に頼る生活には問題がありますが、非常食(キャッシングで借りる)があるのに食べずに飢えるのは何の意味もありません。
お金に対する備えはすぐ近くにあると考えることが、突然の金欠を凌ぐポイントです。

 

キャッシングする時の注意点

 

キャッシングする時の注意点は、殆ど精神面にあります。
というのも、最近は大手消費者金融でいえばかなり審査は厳しめです。
債務整理という手段があまりに有名になった為に、完済の可能性が低いと判断された人には融資してくれません。
故に借りられたのであれば収入面では全く問題が無いのです。

 

例外はありますが、大体キャッシングをした人の心理状態は「慣れて」いきます。
一回目は兎に角大袈裟に、大変な事をしてしまったと考えたり、越えてはいけないラインをついに越えてしまったと考える方が殆どです。
勿論それほど深刻に考える必要はありませんが、この心理状態を保てる人がキャッシングを利用しても大丈夫な人とも言えるのです。
この危機感があればあるほど返済にも必死になり、次は借りる羽目にならないように金銭管理を徹底しようと考えます。

 

消費者金融側からすれば最高の上客で、踏み倒される危険性がないので何の問題もなく融資できます。
言わば高確率で値段が上がる株のようなもので、是非とも投資(融資)したいお客です。
しかしこういう優良顧客は、その精神性からして大体初利用が最後の利用になる事が殆どです。
そして当然ですが、こういう人は稀なのです。

 

借りる事に慣れていき、最後には借りる事を前提とした金銭管理になってしまう人は珍しくありません。
キャッシングで借りたお金はプラスではなくマイナスなのですが、財布に入った現金を見るとどうしてもその事実には気付き辛いのです。
借りたお金だという認識が薄くなってしまった時点で、そう遠くない内に自己破産などの債務整理に頼る事になるでしょう。
債務者の精神力が常に試されるのが、キャッシングというものの性質です。

 

防衛策としては、普通の財布とキャッシングで借りたお金だけを入れる財布を分けましょう。
財布の手持ちは今ある現金、キャッシング財布にあるのはお金という形の負債です。
常に借金をしているという感覚を自分で持ち続けなければ、キャッシングは自分を追い詰めてしまいます。

 

「ご利用は計画的に」という言葉は、別に形式文だからどこにでも載っている訳ではありません。
計画的に使って長い付き合いをしていきましょうというのは、むしろ消費者金融側の本音なのです。