副業の種類、そもそも副業とは

副業と呼ばれるものの共通点は、安定性が全くないという事です。
例え本業より収入が多かったとしても、それを中心にやっていくにはあまりに危険すぎる、それが副業と呼ばれる所以なのです。
なので副業のタイプは二つに分かれます。
例外として夜のアルバイトやチャットレディ等の特殊職もありますが、まずは誰にでも可能なものから紹介します。

 

・安定性(継続収入)はあるが、お小遣い程度にしかならない低額
・安定性は全くないが、当たれば一気に小金持ちになれる高額

 

前者はアンケートモニター、文章作成系のクラウドソーシングがメインです。
自分で登録して仕事を探し、パソコンやインターネット上でできる作業をこなし報酬を得ます。
ただしアルバイトの半分以下の収入が大半で、またそれをメインにしても普通の収入を得られる方は一握りになります。

 

後者は小説家等を代表とする創作系で、売れる物を自分で作り出す事が出来れば大成功というものです。
今は色々な創作やアイデアを発表する場が多数あるので、何かのきっかけで知られればブームの火付け役として大儲けできるかもしれません。
Youtuber等を代表とするリスクのあるものから、趣味で描いていた漫画などが注目される例などパターンは様々です。

 

またどちらにも属さない例外として、投資を副業の範囲に考える方もいます。
しかしこれは仕事というよりは賭け事に近いので、今回は副業としては考えません。
そもそもお金を失う危険性があるものなので、手を出すには相当の知識と覚悟が必要です。

 

 

誰にでもできるクラウドソーシング(主婦・在宅の方にお勧め)

 

副業の中でも、クラウドソーシングは特別な能力を必要としないので、誰にでも稼げる副業です。
数ある募集の中から、自分でできる事を自分で選ぶスタイルなので、出来ない事はそもそも選ぶ必要がありません。
デザインができるなら、その系統の募集にも応募できるというプラスα程度のものなのです。

 

文章募集は大体、体験談や特定分野に対する解説記事になっています。
解説記事といっても専門知識が必要なものは稀で、殆どは自身がやっている生活の知恵や美容法を紹介するだけという募集がメインです。
一応体裁の為に記事作成という項目として扱われていますが、難易度は低めです。

 

そしてクラウドソーシングは数をこなしているだけでも経験になるので、続ければ続ける程収入が増えていきます。
中には仕事をお願いされる立場になる事もあり、そうなるとお小遣いの範疇に収まらない収入を得られる可能性もあります。
人によっては、自覚していなかった才能を発掘する場になるかもしれません。

 

どれだけ成功しても本業は辞めない事

 

副業をやる時点で絶対に必要なのは、定期的に収入が貰える本業です。
たまに副業が当たり過ぎて仕事を辞めてしまう方がいますが、そうなると条件が変わってしまうので大抵失敗します。
あくまで他に安定性がある余裕から、副業に手が出せるのだと思ってください。
芸能人程ではありませんが、浮き沈みの激しい世界で生き残れるのはほんの一握りで、突出した才能と運が必要です。
本格的にお金が足りない場合は、副業より転職や環境の変化をお勧めします。